記事一覧

テナントを返す時の工事

作業員

竣工時期を守ることが大事

ビルの一室をテナントとして借りている場合、退出する時には現状復帰の工事をすることになります。オーナー指定の工事業者が特に決まっていない場合は、退室者が業者を決めて現状復帰工事をします。このような場合に業者の選定が重要になります。複数の業者を選んでから見積もりを出してもらいます。見積もり内容によって、適切な業者を選びます。ビルのテナントを退室する場合、上階と下階の入居者に迷惑をかけないように気を配る必要があります。ビルの場合、上階や下階が喫茶店だったりオフィスだったりすることがあります。現状復帰工事をすると苦情がくる場合があるので、工事の時間帯などを業者と打ち合わせる必要があります。また業者と現状復帰工事の契約をする時は、工事内容の範囲について確認します。また工事代金の支払い時期や竣工期間についてもしっかりとチェックをしてから契約をします。テナントの場合、オーナーから明け渡し時期を決められるので、その時期までに完了させることが大事です。万一、遅延した場合の違約金などについても契約書に明記しておきます。一般的にビルのテナントの現状復帰工事は2週間から3週間といわれており、大型のビルになると1ヶ月から2ヶ月かかることもあります。この場合、現状復帰の工事期間も家賃を支払うのかどうかをオーナーに確認する必要があります。工事を始める前にオーナーと業者と退居者の3者で、どこまでの現状復帰が必要なのかを確認することも大事です。オーナーによっては厳密に現状復帰しなくても大丈夫な場合があるからです。

Copyright© 2018 現状復帰の申し込み【プロがすぐに対応してくれる】 All Rights Reserved.