記事一覧

確実な復帰が可能

リフォーム

オーナー指定業者のことも

住宅であれ、オフィスであれ、テナントであれ、物件や不動産を借りたら現状復帰して返すのが原則です。現状復帰とは元の状態に戻すことをさします。ただ、経年劣化による変化までは現状復帰の範囲に含まないのが原則です。住宅などであれば業者を利用する必要性は薄いのですが、オフィスやテナント利用の場合は業者を利用するのが一般的です。現状復帰に業者を利用するメリットは、確実な現状復帰が可能ということです。現状復帰にはエアコンや照明、配線など入居後につけたあらゆるものの撤去が含まれます。それらを建築や工事の素人がすべてやろうとしても無理な話です。業者に頼めば、それらは確実に行ってもらえます。安全性も心配いらず、オーナーに文句を付けられるおそれも低くなります。ただ業者に頼むと費用がかかるのがデメリットともいえます。しかも業者はオーナーや不動産業者指定であることが多いので、コスト削減もしにくいのが実際のところです。なぜ業者指定なことが多いのかというと、現状復帰には多大な手間がかかるため、指定外の業者を使って手抜き工事をされると困るためです。そのため、指定業者を使わせて、確実な現状復帰をさせようとしているのです。しかし、中間マージンが入っていたり、不当に高い金額だったりするおそれはあります。その場合は交渉を行ってくれる業者に頼むのも一つの手です。合法的に交渉してくれる業者ならば安全に費用削減が可能となります。

Copyright© 2018 現状復帰の申し込み【プロがすぐに対応してくれる】 All Rights Reserved.