記事一覧

業者を選ぶポイント

室内

完全自社施工の会社を選ぶ

賃貸された建物は原状復帰しなければ次の借主に貸すことができません。現状復帰を借主がするか貸主がするかは契約によって異なりますが、アパートなどの場合には借主がすることが多いですが、店舗などの場合には貸主が現状復帰したうえで返すことが多くなっています。実際に建物を現状復帰させるのは状況にもよりますが専門の業者に依頼することになります。速やかに現状復帰させなければ次の賃貸人に貸すことができないからです。また、業者によって費用が大きく異なることがありますので、業者選定は非常に重要なポイントになります。建物の現状回復については、改装した部分を元に戻すだけの内装工事やオフィスビルなどで内装まで解体するスケルトン工事、借りた時の状態に戻す現状復帰など様々な段階がありますので、契約に応じた工事をするための業者を選ばなければなりません。その際には、専門の業者を選ぶことが重要です。特に、完全自社施工の業者を選ぶことが大切なポイントです。業者の中には下請けに工事を任せるところもありますが、その分だけ中間マージンが必要になるため費用が高くなります。また、施工する業者と直接話さなければ十分な意思疎通をすることができません。建物の建築と違い、業者との打ち合わせは多くはありませんが、業者の指示が適切に現場にまで降りていない場合がありますので、自社施工の業者を選ぶことが重要です。業者選定の際の中で信頼できる業者かどうか見極めることが大切です。

Copyright© 2018 現状復帰の申し込み【プロがすぐに対応してくれる】 All Rights Reserved.